体軸を意識しよう

トレーニングやエクササイズを行うにあたり、体軸を意識することは非常に重要な要素の一つ。

例えば、バーベルスクワットを行う場合、
この体軸をしっかりと意識せずに行っていると、
重心が左右どちらかに傾いてしまいます。
その状態のままただがむしゃらにスクワットを続けていると結果的にどうなるか。
左右の筋肉の付き方にアンバランスが生じたり、あるいは、負荷がかかりすぎている方の膝が痛んだりするといった症状にもつながりかねません。

他に、腕を伸ばしてメディスンボールを両手で持ち、
伸張反射を使って左右に回旋させるプライオメトリクストレーニングの場合でも、
左右に力強く振るのはいいのだが、
体軸までも左右にぶれてしまっていては、体の心から力発揮をできていないし、
これでは動作の意味を成しません。
自体重のダイアゴナルバックエクステンションでも、
床に面したお腹がめくれ過ぎて、
左右一方にぶれるような上げ方を繰り返していては、
こういった体の使い方の癖をより助長させることとなります。

人間の身体には、
肩から股関節を通る左右の二本の軸とその真ん中の中心軸がある。
この中心軸をしっかりと意識しながら、左右一方にぶれたり、傾いたりしないようにトレーニングを行うことが重要。

いかなるトレーニングやエクササイズにおいても体軸を意識せずに動作を行っていては、
おもわしくない結果へとつながりかねないので、
バランスの整った筋肉を付けるためにも、
又、体の使い方の癖を助長させないためにも、
体軸をしっかりと意識しながら動作を行うことが望ましいでしょう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
昨日乳幼児サークルでは、公園に集まってただただ遊びました。
誰がどんなことをして遊ぶのか!?とっても楽しみにしていました。
ふふふふ~~~
なるほど!と思うところがありました。
皆さんは感じましたか?

一番は遊具に集まっていることがほとんどで、走り回っている子が少なかったことです。
綺麗に遊んでいる印象が強かったです。

私は皆さんを待つ間、ランニング&ウォーキングをしていました。
膝を痛めているためか、走るとあまりのバランスの悪さにガッカリ・・・
当分ランやウォークのトレーニングはできる体になさそうでした。
年末ラストスパートのトレーニングをやり直したいと思います。

さあ、皆さんは目標にしていた自分の体を2009年は手に入れることができましたか?
あと少しです。
頑張って!

この記事へのコメント