栄養と健康

例えば「カルシウム」。骨を強くするための大切な栄養素と教えられてきました。
だから給食では必ず牛乳が出たし、そして小魚をなるべく食べるように言われてきました。牛乳嫌いの人なら鼻をつまみながらも流し込んだ、さらにはお腹を壊してつらかった、そうした思い出がある方も少なくないのではないでしょうか。理由は、カルシウムを摂ることによる骨の強化にこそあったはずです。

実際に私たちのカルシウム摂取量は飛躍的に増えています。1946年の日本人1人あたりの摂取量は253mg、2000年には531mgと約2倍強となっています。
これだけ増えているわけですから、骨は当然強くなっているはずです。しかし実態は1000万人を越える骨粗鬆症患者、そして子供たちの骨の弱体化も言われて久しい事柄です。

カルシウム摂取量は増えても骨の弱体化は深刻になるばかり・・・。

摂れば摂るほど弱くなる、そんな図式が浮び上がってくるのです。厚生労働省は1日に必要なカルシウムの摂取量を600mgと定めていますが、そのまま信じ込む気にはなれないわけです。

骨の主成分は確かにカルシウムですが、体内への蓄積となるとそれ以外の要素が不可欠です。正常な血流・腸管の吸収力・ホルモン調整機能、太陽光線などの関わりの中でスムーズな吸収が可能になるのです。そのために一番大切なのは「適度な運動」です。運動によって毛細血管が発達し、刺激を受けることで骨は強くなっていくのです。
昔の人は栄養が少なくても、今よりも屋外で体を動かす機会が比較にならないほど多かった。だから骨が強靭であったと考えられるのです。単純に部屋の中で牛乳やサプリメントを飲んでいるだけでは丈夫にならない。カンタン・便利に大量の栄養分を持ってきて、即座に健康になろうとする発想にこそ問題があると言わざるを得ないのです。
また見逃せないのが素材のクオリティーです。現代の畜産はエサや抗生物質などの薬剤使用、さらには反自然な飼育法といった具合にさまざまな問題を抱えています。
牛乳を飲む以上、こうした点も踏まえておかなければなりません。一方、サプリメントなどの健康食品は確かに便利ですが、製造工程で使われるたくさんの薬剤も一緒に食べている事実を知らなければなりません。そういでない限り、無駄な投資と有害性の連鎖を断ち切ることはできないわけなのです。

生き物は不足には強いが過剰に弱い、これは肥料を使わない自然栽培から学べることです。肥料とは栄養の塊を効率よく与えることで、“より速く・より多く”の収穫を求める行為に他なりません。そして与えれば与えるほど虫・病気が発生し、それを農薬で抑え込む、この悪循環から逃れられなくなってしまうのです。

有機農業では1反(300坪)あたりに数十?もの肥料が使われるケースもありますが、その量を問う姿勢は極めて重要であると思います。過剰な栄養は作物を弱らせてしまうのです。

。。。。
考えれば先が見えないことですが、ちょっと立ち止まって口にしている物をみなおしてみたらいかがでしょうか?
先日の調理実習の欠席者に配った「マヨネーズ」
何が違うのか、よ~~く調べてみてください。
油です。卵です。
井上先生は、とっても美味しい塩を持っていたらおいしい料理はできる!と豪語してました。。。
0

この記事へのコメント